« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月31日 (火)

ハッチお疲れ様!!

『ハッチ2011』文化学院公演、無事終了しました

劇場へお越しくださった皆様、応援してくださった方々、本当にありがとうございました

初めてご覧いただいた方も、初演(萬公演)からご覧くださっている方も、楽しんでいただけましたでしょうか??

やはり、3公演は本当にあっという間でしたね

実は‥初日(28日)は「仕込み→場当たり→ゲネ(リハーサル)→開幕」と全行程をこなしていったので、スタッフ&キャストとも‥ヘロヘロ

そして、2日目(29日)は2公演が終わった後、すぐに、バラし作業をして、撤収

旅公演のようなスケジュールだったのです

だから終わった翌日は寝込むだろうと思っていけど‥

起きてみたら‥

私、体力が有り余っていて‥まだまだ行けそうです(笑)

それはさておき、

『ハッチ2011』は
大塚・萬公演 4月6日~10日
文化学院公演 5月28・29日

とやって参りました。

稽古を含めると約4か月間、ハッチとともに歩んできた生活が終わったんですね

最初はダウンコートを着込んで稽古していたというのに、、もう梅雨入りですものね
そりゃ汗の量も倍増するわけだわ

今回の文化学院公演は、“初演メンバーと新メンバーのコラボレーション”といった感じで、演者としては、実に刺激的な挑戦でした。

演出家の西澤先生も、新メンバーの風に触発されたように、刑事シーンやラストシーンをどんどん膨らましてくださいましたし、最終日には、なんと子供たちのシーンまで書き換えちゃいましたものね子供たち、よく頑張りました

私自身も、このストーリーの主軸となっている「宏太」役が申大樹君に変わったことで、新しい課題を持って挑むことができました。私の変化に気付いてもらえたかな??

作品としては“再演”であっても、役者にとっては、もはや“再演”ではないということです。
もちろん、前作品を楽しんでくださったお客様の印象を壊すことなく、新しいものを提供する。
とても難しい作業なのかもしれませんね

そんな過程を楽しみながら、『ハッチ2011』の幕を下ろすことができました。
ご協力、ご声援をいただいた皆様、本当にありがとうございました

さて、公演が終わって、いただいたお花を眺めながらの生活。
私好きです

薫子、素敵なお花ありがとう
このカスミソウ、ラメがかかっていてキラキラしているんですよ

P5290340

かわちょ、大輪のお花ありがとう
お仕事帰りに駆けつけてくれて嬉しかったよ

P5290341

モモさん、
さくらんぼありがとうございましたおいしかったです~

P5290355

原さん、名古屋からお越しいただきましてありがとうございました
意外や意外、子供たちに人気があった「八ッ橋」ごちそうさまでした

P5290357 P5290358

最後に楽屋風景

可愛い笑顔に囲まれて

P5290362

お馴染みの嶺衣奈と

P5290361

今回、全然みんなと写真が撮れなくて
ちょっと寂しいな

また劇場で皆様とお会いできますように
そして、ハッチのみんな、お疲れ様でした

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月29日 (日)

初日終了!

『ハッチ2011』文化学院公演、初日、無事幕を開けました。

ご来場いただいた皆様、これをご覧になってくれていたら‥
雨の中お越し下さいまして、本当に本当にありがとうございました

たくさんのお客様に見守っていただき、大変嬉しく思います

昨日幕を開け、早くも今日、千秋楽となりますが、
今日も精一杯がんばりたいと思います。

今日も悪天候が予想されますが、
お越しいただくお客様、どうぞ気をつけていらしてくださいね

さぁ、私も行ってまいりま〜す

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月27日 (金)

バカなことを一生懸命!

今回、なかなか稽古場報告を出来なかったので、今日は稽古の様子を激写してきました

公演2日前ですが、明日は仕込みの一日ですので、実質、最終稽古日

まずはじめは‥刑事たち。

P5260318

P5260317

今回顔ぶれ新たに、、すごい展開になっていますよ。

P5260316

初参加の岡田君。めっちゃイイ顔しているじゃないですか

P5260325

こちらは染野巡査部長!
染野さんは、新宿梁山泊の役者さんですが、、実は‥
前公演・萬劇場での『ハッチ2011』では、数々のシーンの裏で、スモークを炊いては扇ぎを繰り返し、幕中でがんばってくれていた方なんです
今回は、満を持して、役者として登場してくれます。
この笑顔からも分かる通り、とっても優しい方なんですよ〜

P5260287_2

さあ、そんな染野巡査部長が率いる刑事シーン。
なんだか皆、変なポーズしちゃってますが‥お楽しみに


 

さて、やたら真剣な眼差しでスタンバイしている柚木君

P5260315

そう、彼は前回の柚木巡査部長!
すっかり坊主になって帰ってきてくれました!
(他の出演作で坊主になったのです。)

今回、彼の出番は‥「七変化」らしいです(笑)

P5260331

実は、柚木君。舞台中に出てくる数々の小道具を自力で作製してくれています

日々、小道具作りのための材料を仕入れているとか
でもって、器用で上手なんですよ!

こういう陰の努力に感謝ですね

どうぞ、“七変化の柚木”と小道具たちをお楽しみください

さて、最後は私たち‥

この時点で夜の9時を回っています

なんだか私たちも変なことを。。

 

P5260290

今回、美咲役で初参加の橋本さん!

P5260295

あれ?

P5260302

何が‥

P5260305

起こっているの?

P5260303

タケノコ族!?

P5260307

新喜劇か!?

P5260310

橋本さん、お疲れさま!!

P5260312

ってことで、内容は見てのお楽しみですが‥

私たちもワンシーン終わった時には、汗だく‥息切れ‥

でも、

「バカなことを一生懸命やる

のが、作・演出 西澤周市 氏のモットーなんです

ということで、今回も

「真家大汗洪水警報

が発令されそうですが、皆様、温かく見守りくださりますよう、宜しくお願い申し上げます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月25日 (水)

公演まであと3日!

『ハッチ2011』文化学院公演・開幕まで、早くもあと3日となりました

再演といえども、新参加メンバー7人を迎え、初演メンバーも更に細かな演技を追究しながら、稽古に挑んでいますよ

今日は初の「通し稽古」

実は、、平行して別々に稽古をしてきたため、私もまだ見ていないシーンがあるとかこわいもの見たさで‥楽しみです

さて、公演会場は文化学院の講堂
“講堂”というだけあって、小劇場とは違い、客席エリアが広いんですよ

5月28日、29日の2日間、是非ともたくさんのお客様に見守っていただき、そして、私たちからお客様へ、楽しいお時間をご提供できればと思っております

今週末は天候が優れないと予報がありますが、、そんなものは関係ありません

熱すぎる役者が揃ってしまった『ハッチ2011』
もちろん、熱い舞台をお贈りします

ご来場心よりお待ちしています

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月24日 (火)

静岡へ日帰り♪

日曜日、静岡へ日帰りしてきました!
その目的は‥結婚式

またひとつ、新しい家族の門出を祝ってきたのでした

静岡駅から車で10分
駿河湾を目の前に見渡せるチャペルと披露宴会場です

会場から見える景色はこんな感じ

P5220248

さて、本日の主役は、新郎・延圭さんと私の大学時代の友人、国際文化学部のムードメーカーである新婦・比呂美

P5220208

なんでしょう、この爽やかな美男美女カップルは

比呂美は大学卒業後、故郷の静岡で就職したのですが、東京の集まりでも皆勤賞、しかも幹事までやってくれるくらいアクティブな女の子なんです
いつのまにやら、こんな素敵な旦那様を見つけていたとはね

延圭さんは高校教諭でありサッカー部の監督をしていらっしゃる、バリバリのスポーツマン

元気で明るくて半端ないハイテンションの比呂美が出会うべくして出会った男性だなぁ‥と、本当にお似合いのお二人でした

P5220181

東京から新幹線で静岡へ向かいながら、

「いつも比呂美はこうして東京に出てきてくれていたんだな‥」

としみじみ感じたものでした。

さて、これが私ども国際文化学部の仲間たちでございます

P5220207

残念ながら列席できなかったメンバーもいたけど、大学一年から腐れ縁の私たち
いや、出会えたこの“縁”を本当に大事に思い、大切にしてくれるステキな仲間たちなのです。
もっぱら最近は、各々家庭もあるので、、結婚式が飲み会みたいなノリですが。
おじいちゃんおばあちゃんになっても、この笑顔で集まりたいな‥と思います。

余興では、新婦のフラ仲間からフラダンスのご披露があったのですが

P5220233

比呂美さん!つられて、ウエディングドレスのまま、しっかりフラを披露してくれました
旦那様も巻き添え‥でも様になってる

P5220244

お色直しは意外や意外‥
和装での登場でした

P5220265

ね、ノリノリの新婦でしょ(笑)

でも、クライマックスでは‥

P5220273

比呂美のご両親への手紙を読んでいる姿に、私、オイオイ号泣
比呂美の底抜けの明るさ、優しさ、芯の強さは、このご両親あっての比呂美なんだと改めて実感したからです。

泣きはらしたら、みんなから「寝起きみたいだよ」と突っ込まれましたが
またひとつ、友人の幸せを祝って私も幸せな気持ちになったのでした
P5220276

延圭さん比呂美、素敵な結婚式をありがとう
静岡でも東京でも遊びましょう

P5220277

末永くお幸せにね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月21日 (土)

オススメ☆『バーレスク』

今日は本当に珍しく、自宅でDVD鑑賞しました!

私、劇場や映画館で観る、舞台・映画は大好きなのですが

自宅でテレビと向き合う時間が、、実は苦手

大人しく観ていられなくて、ウロウロしだすか、PCいじるか、雑誌見ながらとか‥

“ながら観”しかできないんですよ、テレビって。。

でも今日のDVDはめっちゃ釘づけで観ちゃいました

それは‥2010年12月頃公開された映画『バーレスク』

3週間くらい前かな?
王様のブランチでDVD発売の宣伝で『バーレスク』のダイジェストを見て、すぐに
私は今更知った作品だったのです。

そして先日、かなり衝動的にネット販売のDVDをポチリと購入
主演のクリスティーナ・アギレラも名前しか知らないレベルなのに‥

きっと“当たる”と信じて(笑)

そして今日、満を持して鑑賞したというわけです。

いやぁ、さっきも云いましたが、釘づけでした

LAのバーレスク(エンターテイメントクラブ)で繰り広げられるショーのシーンが幾つも出てきますが、どれも
セクシー
カッコいい
パワフル
女性から見てもセクシーすぎるダンスと、圧巻の歌唱力、やばいですよ

映像なのに、目の前でショーを見ているような感覚。
こんなバーレスクが実際にあるなら、絶対行ってみたい

歌手を夢見る少女のサクセスストーリーかと思いきや、経営危機に直面しているバーレスクの行方と、それに関わる人々の人間模様も見ごたえがありました

ショーでは、かなり過激な衣装とパフォーマンスでワォ!って感じですが、
ストーリーは分かりやすくて観易いと思います。

ミュージカル系映画のお好きな方にはオススメの一本です

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月19日 (木)

※ハッチ再演日程変更のお知らせ

予てよりお知らせしておりました
『ハッチ 2011』文化学院公演ですが、
急遽、公演日程の変更をさせていただくこととなりました。

5月28日(土)14:00公演は中止となります。

変更後のスケジュールは以下の通りです。

<公演スケジュール改正版>
2011年
5月28日(土) 
18:00
5月29日(日) 13:00 /17:00


全3公演となります。

公演間近でのスケジュール変更、皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、
スタッフ一同、万全の態勢でお客様をお迎えしたいと思っております。

ご理解の程、宜しくお願い申し上げます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月17日 (火)

紅テント!

先日、日曜の稽古帰り、

偶然にも、稽古場から目と鼻の先にある明治大学で
唐組の“紅テント”が張られ、公演をやっている

という情報を聞きつけ、こんなチャンスはないので突発的に拝見してきました

それにしても、このところ観劇漬け‥幸せなことですね

Akatento

夕暮れ時で見にくいですが、これが紅テントです

明治大学の高層の校舎の先に現れた、紅テント。

開場まで、ロビー代わりの空き地に100人以上の人々が整理券と靴入れ袋を持って、列を作ります。

椅子はなく、客全員が地べたに座り、体育座りやあぐらを掻いた状態で観る舞台。

少しでも多くのお客さんが入るように‥客同士、協力し合いながら開演を待つ。

すべては、唐十郎の世界を楽しむために!!

そんな客席の一体感を感じながら、舞台が始まりました。

本編は60分くらいであっという間でしたが‥

とにかく“ア然”の連続でした。(こんなこと言ったら怒られるかしら

だって、次々と歌い出すんですもん(笑)

え、本気?冗談?‥ミュージカル? 

混乱と笑いの連続
異空間を満喫しました

小屋から装置から‥専門スタッフではなく劇団員(役者)がすべて造った空間。
そして、唐十郎さんの世界を愛するお客さんで客席が埋められていく。。

なによりそれが素晴らしいなぁと感じた観劇dayでした。

Hiyarinnko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年5月14日 (土)

『Dandy cute dandy 』

『Dandy cute dandy<br />
 』
今週は観劇三昧の一週間でした
同じような箱なのに、全く違う世界へトリップできる舞台って凄いなぁ、と改めて感じる今日この頃です。

さて、昨晩拝見したのは

エーライツプロデュースパフォーマンス
『Dandy cute dandy』

面白かったですよ

あら、こちらにも我らの“カズ”こと薬袋一久さんが
この作品では、薬袋さんは演出兼出演されています。
3日前、別の舞台でも拝見したばかりなのに…スゴイですよね

さて、この舞台

新宿歌舞伎町からはちょっと離れたとある地方の繁華街で、隣り合わせで店を構える「グロリアス」と「グラマラス」という2つのホストクラブが一番の座を競う…というお話。

私は本物のホストクラブを存じませんが(笑)、夜の世界を疑似体験をさせてもらいました!

まさかの展開に(極秘)ワクワクしまくりまくりすてぃ(←劇中使用)

そして、ホストダンスも必見です

華やかな世界の裏に混在する男達の葛藤…
今までにみたことのない世界、楽しませていただきました

お時間・ご興味のある方、
イケンメンズの世界をご堪能あれ

『Dandy cute Dandy』
劇場 アイピット目白
14日(土)1300/1900
15日(日)1200/1700
あと、4公演あるようです!
詳しくはエーライツHPをご覧くださいね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月12日 (木)

『ハッチ2011』再演☆情報

゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

再演決定!!

エーライツ プロデュース パフォーマンス
『ハッチ 2011』文化学院公演
<作・演出>   
西澤 周市

<公演スケジュール>
2011年
5月28日(土) 14:00 /18:00
5月29日(日) 13:00 /17:00


<場所>
文化学院講堂
千代田区神田駿河台2-5

・JR 「御茶ノ水」駅 御茶ノ水橋口より徒歩5分
・丸ノ内線 「御茶ノ水」駅より徒歩6分
・千代田線 「新御茶ノ水」駅 B1出口より徒歩6分

<出演>         
真家 瑠美子
薬袋 一久 
原 嶺衣奈 
木村 寿美 
申 大樹
郭 かおり
傳田 圭菜 

♪KIDS♪
伊沢 早希 
飯村 たかこ 
小澤 穂南 
内藤 朱音
三浦 裕菜 
馬場 裕貴 
天沼 優空

他。

<あらすじ>
ひまわり園が燃え、園長先生が亡くなった‥その49日の法事に仲間が集う。しかし、その日、次々と事件が起こる‥犯人は誰?また、何のために事件を起こすのか?サスペンスタッチに進むヒューマンドラマ。
友情は親子の愛を超えるか!

<チケット>
前売・当日  3,000円
学割チケット 2,000円(高校生以下、要学生証)
ペア割引   5,000円(2名一組)

日時指定/全席自由
 
チケットご要望の方は、メールかコメントにてご連絡ください!
ご来場、心よりお待ちしております☆

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年5月11日 (水)

『愛在る領域』

今日は舞台を観てきました

大塚萬劇場にて公演中の『愛在る領域』という作品を観劇

大塚萬劇場は一ヶ月前『ハッチ2011』を上演していた劇場です
ハッチの“カズ”こと、薬袋一久さんの出演作

ハッチ共演者の郭かおりちゃんと、「装置が違うと全然違う空間に思えるねぇ~」などと感心しながら、4つの「愛」の在り方を見つめた100分間でした。

2人芝居が4つ続いていくという、シンプルな構成でしたが、反ってそれが新鮮で、各々の俳優さんの魅力を楽しめる作品でした。

私・・やっぱり強烈なキャラの俳優さんが好きみたいで、
今日もすんごい女優さんと出会いました

レイコ役の大竹一重さんです。(初めて拝見しました
“昭和の美人”というフレーズに吹き出しそうになりましたが、
演じてできる領域ではない、俳優の持てるキャラありきのキャラとでも云いましょうか・・

ただただ感心しながら笑わせていただきました。
ぜひレイコさんとプライベートでお話ししてみたい(笑)。

薬袋さんは、意外なくらいノーマル(笑)な役どころで、とっても新鮮でしたよ

萬劇場をあとにして、郭ちゃんと一緒に、
大塚駅南口にある「広州市場」へ

ここは、ハッチを観に来てくださったお客さんが「すごく美味しいワンタン麵屋があったよ」と教えてくださったので、次に大塚を訪れたら絶対に行こうと決めていたお店でした

WantanWantan2

これでミニサイズボリューム満点!
ラー油をつけて食べるワンタン、美味しかったです

大塚へ御用の際は、ぜひ「広州市場」へどうぞ(笑)

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年5月10日 (火)

ゴールデンウィーク終わってしまいましたね

皆さんは充実したGWを過ごされましたか??

でも・・
休み明けの登校や出勤って、辛いですよね
本日はお疲れ様でした!

私のGWはというと、、本当に地味な日々でした(笑)。。出掛けても、片道30分圏内みたいな・・

でも逆に、そんなユルイ感じが私にとってのゴールデン

たとえば、友人宅にてマンガ『ワンピース』を半強制的に読む同好会に参加してみたり、
(この発言、怒られそう・・)

Onepiece
私は初『ワンピース』体験!
ワンピースを知らない人生なんて損ってことで、足を踏み入れてみました。
ただ、私は普段マンガを読まないもので・・ええっと・・なかなか進まず・・こりゃ難破船だわ(笑)・・
いや私が、か、か、海賊王になります


そして、友人とちょっと優雅にワイン&パスタランチしたり

WineUni

贅沢な“うに”パスタ

舞台『寝取られ宗助』を観劇したり
15年前に生方さん&和久さんで観た光景が思い出されたりして・・懐かしかったなぁ。

家のベランダに飾る花を買いに行ったり

Ajisai
夜に撮ったので暗いですが、あじさいです

たまたま近くを通りかかったので、真下からスカイツリーを見上げてみたり


自己、最短距離まで近づいてみました
ツリーはやっぱりデカかった

そして、GWの最後は、

『ハッチ2011』文化学院公演の稽古が始まりました

再演というよりは、新メンバーで作り変えられてゆく予感

まずは、ダンスナンバーの振り写しから始まりました。
経験者も新メンバーも、とにかく2日間、踊る踊る

夏日を記録した8日(日)は本当に暑くて・・



みんなで長崎ちゃんぽんや皿うどんを食べて、私のGWは締めくくられたのでした

私のGW、やっぱり公表するほどのものではありませんでしたが・・
なんだか“ゴールデン”な気分で楽しかったです

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年5月 1日 (日)

東京大神宮にて

P4300149

4月29日、飯田橋にある「東京大神宮」にて執り行われた友人の神前結婚式に参列、
そして、披露宴の司会をしてきました!!

ご報告、遅くなりましたが・・「司会」無事成功しましたよ

そのお話は、後にして・・

皆さんは「神前結婚式」に列席したことありますか?
私は全く初めてだったわけですが、、想像以上でびっくりしました

まず、「神前結婚式」のまめ知識

明治33年5月10日、皇太子嘉仁親王殿下(後の大正天皇)と九条節子(さだこ)さまが皇居中にある御神前でご成婚の儀を行われたことが始まりでした。当時、結婚式のほとんどが家庭で行われていたようで、この婚儀が一般の人々に新鮮な感動を与え、まずは東京などの大都市を中心に、一般の人々にも「神前結婚式」が広まったそうです。
民間で初めて執り行われた神前結婚式が、今日参列した「東京大神宮」ということで、ちょっと感動してしまいます

実際のお式ですが、
雅楽が演奏される中、神職の仕切りのもと、新郎新婦が神前に供えた御神酒を三三九度の盃をくみ交わし、神前に進んで誓詞(誓いの言葉)を奏上。玉串を奉り、二拝二拍手一拝の作法で拝礼。
両家親族や列席者も御神酒をいただき、神前に向かって全員起立、一度礼拝して、お開きとなります。(←だいぶ簡潔ですが。)

その中で、大変興味深かったのは、
巫女(みこ)さんによる祝いの舞、「豊栄舞(とよさかのまい)」と「豊寿舞(とよほぎのまい)」が披露されたことでした
「豊寿舞」では独特な色彩の“蝶の羽”のようなものを背につけた二名の巫女さんが舞います。

巫女さんて、踊るんだ・・・

と、釘付けでした。
神前式は厳かに・・というイメージでしたが、
逆にショーのような舞もあって、お祭りみたいな感覚でした。
教会式よりも、華やかなんですねぇ~
列席できて光栄でした!

さぁ、そんなお式の直後、間髪入れずに披露宴が始まります

私はそこで「司会」をするわけですが、
今回は、当日まで(厳密にいうと、神前式と開宴までの数十分のみ)、会場の担当者の方との打ち合わせができないというタイトなスケジュール

それもざっくりしたもので、「あとは始まってから状況次第で決めましょ」的な、穏やかというか・・アバウトというか・・器の広いキャプテンで。。

案の定(笑)、宴はいろいろワタワタとしましたけど、
お開きの後、大学同期の新郎さんから
「るみねぇが司会やってくれたお陰で、アットホームというか安心して過ごせたよ~」とのお言葉をいただき、安堵の気持ちでいっぱいです
(ゼミ仲間は、私より年上でも何故か“るみねぇ”と呼びます

東京大神社ならではのイベントは、
お色直しの再入場の時、新郎新婦がゲストに「華みくじ」を引いてもらいながら高砂まで歩いたこと。
東京大神宮は縁結びにご利益のある神社として有名なんですって。
さすがに「華みくじ」もかわいいです

P4300152P4300155

結婚式は、2つとして同じものがないからこそ、感動があるんですよね。
一組一組のカップルごとに、歴史がある。
そしてその新郎新婦を支えてきたご家族やご友人の祝福の気持ちと、新郎新婦の感謝の気持ちが重なり合う、大切な一日。

普段は絶対にできないからこそ、これでもかってくらい泣いたり笑ったり、「おめでとう」「ありがとう」って云っていい、特別な日だと思うんです。

今日は、新婦のお祖父さまが終始ニコニコされていて、一番にかわいがってきた孫の結婚が本当に嬉しい!と語ってくださったのが印象的でした

いつまでも仲良く、末永くお幸せにね

最後に、「晶ゼミ」の、晶先生&一期生&二期生とともに

P4290145

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »