« 救世主 | トップページ | 高尾へ »

2012年5月 3日 (木)

嬉しい贈り物が…

な、なんと、山崎努さんから嬉しい贈り物をいただきました
あの名優・山崎努さんです

先月25日に発行された
『柔らかな犀の角』という書籍

週刊文春の連載「私の読書日記」の6年分を収録したものだそうです。

嬉しい贈り物①

とりあえず…

なんで

と思われた方もいると思いますが…
山崎さんとは、かれこれ14年前…新国立劇場のこけら落とし『リア王』にて共演させていただき、
大変大変お世話になったお方なのでございます。
その『リア王』こそ、私のプロデビュー作品でした。

山崎さん演じるリア王と、そのリアに一番愛された娘・三女コーディリアを演じさせていただいた私。
演出家の鵜山仁さん、主演の山崎さんをはじめとする共演者の方々に支えられ、励まされ、心から演じる楽しさを教えていただいた『リア王』。
17歳の私には贅沢すぎる経験だったと思います。
でも、あの喜びと感動があったからこそ、今なお俳優を続ける私がいるといっても過言ではありません。
以来、私は密かに山崎さんを“お父様”と慕わせていただいてます。

その『リア王』の公演に向けて、山崎さんの2年前からの準備〜本番までの日記を綴った『俳優のノート』という本があります。私もひょっこり登場している本なのですが。。
嬉しい贈り物①

ここまで俳優はストイックか…いや、ここまで作品を、役を探求される俳優さんは山崎さんしかいないだろうと思わせる、すごい本なのです。
私が四季に入った時、先輩方も俳優の参考書のように愛読されている方が多いらしく、
「あの真家さん、だよね?」
と声を掛けられたこともあってビックリしたほどです。
だって当時で10年前位の本だったんですから。

そんな『俳優のノート』は私の宝物でもありますが…

今回いただいた『柔らかな犀の角』も本当に楽しみです
実は、実家から持ち帰ったばかりでまだ読んでいないの。。
GW中に済ませたい宿題(仕事)が終わるまでのお楽しみ
でも嬉しくて、とりあえず、ブログにのせちゃった次第です

あ、台本の方は一段落しました
30分芝居は短くて難関だったけど…
今週末から始まる稽古を心待ちにしているところです

GWも後半戦ですね。
ようやく明日は晴れそうだから、外に出ます(笑)

そういえば、やはり今回も「急性蓄膿症」という診断結果
今は薬も飲めないので、気長に付き合っていきますよ。

皆さんもあと3日間、楽しんでくださいね

|

« 救世主 | トップページ | 高尾へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 嬉しい贈り物が…:

« 救世主 | トップページ | 高尾へ »