« ベビースイミング☆ | トップページ | 娘とともに… »

2014年6月19日 (木)

断捨離☆

大変ご無沙汰をしておりました。
1ヶ月半、ブログを放置したのは過去最高記録ではないでしょうか。。

特に何かあったわけでもなく…
何ら変わらず、元気に生きております!

近頃はついFacebookの投稿を先行してまい(←といっても、2週に一回あるかどうかの頻度^^;;)、

ブログはまた改めて、詳しく!

な~んて思っているうちに時間ばかり経過し、、旬じゃない話題を今更書くことに抵抗を感じて遠慮してしまう。。。

日々、

「シオドキか…」

と思いつつも、久々に更新致します。

さて、タイトル通り、今話題の「断捨離」!!
いやいや、ブームからだいぶ経過したフレーズですね。
ただ、マイブームを起こそうとしています!

必死に!!!



私、毎晩夜中に一回は起きます。
それは、娘の授乳でもなく、夜泣きでもなく…

オムツ替え。

娘は寝る前に大量に水を飲むんです。止まらない時は500mlとか。
いい加減やめなければならない習慣なのですが、、

おしゃぶり代わり?
お腹を満したい?

まぁおかげさまで、娘は便秘知らずだけど…

案の上、夜中にはオムツがパンパンになるわけです。

何度もモレを経験してきたので、「今夜はなんとか未然に防ぎたい!!」と、母は毎晩オムツ替えで起きる習慣が出来てしまいました。

夜中にセンサーを感じて(いや、娘に蹴られて!?)起きるものの、目が冴えてしまってなかなか寝付けない時もしばしば。。
そこで目に飛び込んでくるのが寝室を占領した大量の洋服たち(*_*)

お恥ずかしながら…
クローゼットに入りきらず、収納袋に入った服やブーツ箱が頭上を取り巻いているのです。。
また最近は、サイズアウトした子供服も増える一方。

どうにかしなきゃ…

と思う毎日。
でも、忙しなく生活していると洋服の整理なんて二の次、三の次。

もちろん、しまい込んで着ていない洋服が山ほどあることは知っているし、それらを処分しないことには収納仕切れない…とは分かっているけど、、

典型的な捨てられない性分。。。

一つ言い訳をすると…
舞台衣装は自前が多いので(←劇団四季を除いて)、

いつか、
誰かが、
何らかの役で、

着てくれるんじゃないか♡

という長年の執念があり…10年15年と溜め込んできました。
そして、ダンスウエアも欠かせないアイテムだったので、服の量は普通の人の1.5倍?いや、2倍?3倍?

ただ貴女…
舞台衣装っていつやる話よ。。
仮にやったとしても、どうせハマるものが無くて結局買うんでしょ!!

(いや、まれにヒットすることもありまして…^^;
昨年の『みんな我が子』で自ら着用した赤いパンプスは、かれこれ5年程前に友人と衝動買いしたものの、ヒールが高く実用性がない故、全く履かなった一品でしたが、舞台で大活躍してくれました^^v)


この状況、アカン(-_-)
そこで頭をよぎったのが「断捨離」でした。

寝られないついでにiPhoneで調べ、すぐさま図書館で予約したのがこれらの本たち。



いずれはこの本たちも断捨離対象になることを想定して、図書館で借りました!笑

「断捨離」という言葉こそ知っていたものの、実はヨガ用語だったことを初めて知りました。

ヨガの行法哲学「断業(だんぎょう)・捨業(しゃぎょう)・離業(りぎょう)」を本の著者である〔やましたひでこ〕さんが住まいと心の片付け術として応用提唱したものだそうです。


「断」=入ってくる不要・不適・不快なモノを断つ

「捨」=はびこり堆積した不要・不適・不快なモノを捨てる

「離」=とらわれた状態から離れていく


そして、「断捨離」とは「モノ・コト・ヒト」と向き合うこと」、つまり「自分の心と真摯に向き合うこと」なのだと。

なるほど…

決して居心地が良いとは思えない寝室は、長年佇んでいる古い空気(モノ)が占領し、その不快感を感じつつも、見ないフリをして…いや、むしろ肯定化して生活してきた私。

それは身体にも云えることで…

俳優は常に自分のコンディションと向き合い、身体や喉の調子、さらには精神状態をみながらメンテナンスし続けるのが仕事。

「ヨガ」というキーワードをみて「そういうことか!!」と落胆しました。
というのも、私は劇団のレッスンでヨガと出会い、私にとっては自分と向き合うのにベストな行法として7年程続けてきました。

でも、出産を機に激減。
現在は月に1回レッスンできれば良い方で、家ヨガなんて皆無です。

私、自分の身体とも心とも向き合ってないんだな……………




というわけで、始めます「断捨離」!
洋服に限らず、住まいに関わる全てを!
ただ、沢山の時間は掛けられないので、日々

“ながら断捨離”(←生活する中でパッと目に付いた箇所だけポイポイ捨てる)

で進めて行こうと思います。
不思議なもので、お出掛け大好きな私が「家で過ごして片付けようかな…」なんて思うようになってきました。

目指せ!ダンシャリアン☆

我が家は断捨離の宝庫なので(笑)、楽しくがんばります!!






…という、宣言でした\(^o^)/

|

« ベビースイミング☆ | トップページ | 娘とともに… »

コメント

初めまして。不用品をもったいなくて捨てられない気持ちにとても共感します(^_^)/
それで、いきなりですが、不用品をバザー品として送れる場所をお伝えします。大阪にある、『豊能障害者労働センター』で、5つのリサイクルショップを運営して、バザー品はそこで売られています。売り上げ金は、主に障害者福祉(被災地の障害者支援を含む)に使われています。
 私も「ずっと長く使う」と信じて買ったものが、意外と使わなくなった、ということが、よくありました。以前はもったいないと思いながら、不用品を泣きたい気持ちで仕方なく捨てていましたが、今はここの労働センターに送れるので、とても嬉しいです(^^) それで、私と同じように、「使わないものを捨てられない」と悩んでいる人を助けたくて、多くの人に、この労働センターを教えているのです。
バザー品の送り先のHPはhttp://www.tumiki.jp/bazar.html です。ここでは、一般のリサイクルショップで引き取らない物や、他のバザー会場で売れ残った物も受け入れていて、それらはきちんと商品として販売されています。
また、ここの送り先を気に行って下さったら、知り合いの方にも伝えて頂けると嬉しいです。私は一人でも多くの「もったいなくて捨てられなくて困っている」方々を助けたいので(^^)

投稿: せきぐち | 2014年6月23日 (月) 17時07分

>せきぐち様

個人的は「断捨離」のつぶやきにもかかわらず、
有益なリサイクル情報をいただきまして、ありがとうございました!
教えていただきました労働センターはまだ利用しておりませんが、先月、フリーマーケットに初挑戦致しまして、着なくなった衣類を少し処分することができました。
捨てるには勿体なく、しかし今後着用する可能性はゼロに近い愛着のある衣類を、笑顔とともに人の手に渡すことができて、大変有意義な経験でした。
今後も私なりのリサイクル方法を考えながら、断捨離を進めて行きたいと思います

投稿: るみこ | 2014年8月30日 (土) 11時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 断捨離☆:

« ベビースイミング☆ | トップページ | 娘とともに… »